ほっこりLife♡

豊かな暮らしと自立を目指して

ファーストペンギンから学ぶ 小さな成長を意識する

f:id:Yamanao:20190310145322j:plain

ファーストペンギン

素晴らしいヒラメキやアイデアを持っている人は世の中にたくさんいると思います。でも、ほとんどの方が自分の頭の中で終わりにしてしまっています。何も思いついた事がないって思った方もいるかもしれませんが、そんなことはありませんし、意識していないだけで日常生活の中でもたくさん転がっていると思います。困った時にこそチャンスが隠れているのかもしれません。

「私も前からこんなのがあったらいいなって思ってた」

ってことありませんか。誰にでも経験があると思います。私と旦那さんの会話にもありました。もう15年以上前の話になりますが、その頃から

「トイレのマップがあったらいいのに」

と感じていて、でも話はそこで終わっていました。その後も度々(旦那さんのトイレが近いため)知らない土地に行くたびにトイレに困り、トイレマップがあったらいいのにね、といった話になりました。また、子供が生まれてからはオムツ替えできるトイレのマップがあったらいいのに…と毎回思っていました。

そんな「あったらいいな」を願いつつ、自分が困らないように自分用の地図だけを頭に入れていました。そこに気がついて「行動した人」がトイレマップを作ったり、子供とお出かけに便利な「ママパパマップ」を作って現在はとても便利になっています。

世の中には私や旦那さんと同じようにトイレに困っていた人がたくさんいたのでしょう。「あったらいいのに…」と思っていた人はたくさんいたはずです。でも、行動した人はごく僅かだったということです。

サービスにしろ、物作りにしろゼロからイチをつくるのは、とても大変なことです。いろいろな壁にぶつかると思いますが、行動を起こして始めた人は時代の先駆者になれるのです。

よく学校の授業でも「誰でもいいから前に出てきてやってみろ!」なんて先生が言った後、最初に手をあげるいわゆる「ファーストペンギン」の人っていますよね。素直にすごいなと思っていました。二番目三番目と続いて段々とクオリティも上がって、最後の頃にやる人は、前の人の失敗や成功をよく観察しているから、大きな失敗をすることもなく完成度が高くなるわけです。

でも、私は一番最初に前に出た人を尊敬します。勇気がいりますものね。笑われるかもしれない、全く違うかもしれない、恥をかくかもしれない、そんな思考にビクつきまくっている私には到底ファーストペンギンにはなれませんでした。

世の中では、ファーストペンギンになれなくても、5番目のペンギンや10番目のペンギンでもいいと思うのです。100番目のペンギンでは遅すぎると思いますが、自分がアイデアをひらめいた時にググってみたらすでにあった、ということはよくあると思います。ですが、ライバルが少ないうちはチャンスがあると思いますので、同じ分野でも切り口を変えるなどして、ブルーオーシャンを意識して戦えば、先行者優位という状態を作れるはずです。ライバルが少ないうちに参入して努力することは効率がよいと思います。

※「ママパパマップ」とはオムツ替えできるトイレや授乳スペースなどの情報や国道沿いのコンビニのトイレ情報などとても便利なマップです。

変化しながら成長したい 

時々、鏡に映るのんきな自分を見て考えてしまいます。

私は一体何をしているんだろう。何者にもなれない私の人生って何なんだろ…って。

自分から行動を起こさなくても多分、旦那さんの稼ぎに頼っていれば、私は平穏に生きていけると思います。それに、何もしなければリスクもないし…。

でも、現実問題私の平穏な生活は旦那さんのお給料で成り立っていますし、旦那さんの時間を犠牲にして作られているんです。 

この問題と向き合うことを避けていたように思います。私だって楽しているわけじゃないし、家事育児全般頑張ってるし、家庭菜園だって生活の足しにはなってるはずだし…と言い訳をして、このまま平穏に生きていけたら幸せだな、なんて思ったりもしました。私は現状に満足するタイプなので向上心や欲があまりないのかもしれません。

「現状維持は行動や思考が停止した状態で、衰退しているのと一緒」

と旦那さんがよく言っていますが、現状維持が基本スタンスの私は、きっと衰退しているのでしょう。でも、今のまま変わらずに現状を維持しようとしても、安泰には繋がらないんですよね。世の中はどんどん変わっていきますし、人間ですから歳をとって老化していきますし…。

ブログのサブタイトルにもしていますが、「豊かさと自立」ってとても難しいです…。

でも、信念を持って、変化を恐れずに小さな挑戦を続ければ、成長できることは間違いないのだから、あとはトライアンドエラーを繰り返すのみなのです。 

インプットしたら自分の頭で練り直して行動する 

専業主婦が「豊かな人生を」と空き時間を利用してやりたいことをやってきましたが、なかなかモチベーションが保てませんでした。最近思うことは、私はインフルエンサーや有名なフリーランスの方が発信している言葉に翻弄されていた、ということでした。

生きる力をつけたいと思って行動し始めたけど、自分が何に向かって頑張っていけばいいのか、見失っているような気がしました。

自分に都合のいい気に入った言葉だけを受け入れたり、自己啓発本等を読んで知識だけ取り入れて満足してしまったりしていました。成功例と同じやり方や考え方を真似すれば、絶対上手くいくわけではないし、目まぐるしい時代の変化に乗り遅れないようにとアンテナ張って情報を取り入れているだけでも成功することは難しいでしょう。どんなに偉い方でも、成功されている方でも未来のことはわからないんです。そんな中、インプットした知識に踊らされることなく、自分の中で考えて再構築してから行動に移すようになりました。

失敗からちゃんと学ばないといけない

私は行動して失敗した経験に対しても正当化したくて

勉強になった、うん

と自分に言い聞かせて、「どうして失敗したのか」をあまり追求しませんでした。失敗して成長すると言いますし、失敗すること自体は悪いことではありませんが、そこで終わりにしてしまったり、失敗したことについて考えなければ何にもなりません。

発進力のある人の言葉に煽られて真似ごとをしているだけでは、結局誰かの思考の中で行動していて、自分で考えていないのです。成功例はその人のやり方であって、それを教えてもらっても、その人と同じようにはできないことがほとんどなのです。早く答えが欲しくて、考えて答えを出すことを放棄してしまっていては前に進みません。

私は本を読んでちょっと知識をつけてしまうと、その気になって自分で考えて行動していると勘違いしてしまうことがあります。自分でそれに気が付いただけましですが(笑)私にとって仮想通貨がいい例です。自分なりに勉強して考えた上で売買してみましたが、全然勉強が足りませんでした。暴落後も保持している塩漬け状態のリップルネム…。今後どうなるのでしょう…。もっと勉強していれば、塩漬けになる前に想定内で損切りができたはずです(T_T)

少しの成長を意識する

イケハヤさん等のインフルエンサーYouTube等で、

「ブログはオワコン。これからはYouTube

と言われている今。確かにブログもキュレーションサイト化し、検索上位になるようなキーワードなど検索エンジンを意識したSEO対策では、個人ブロガーには厳しい状況になりつつあるようです。

ブログは、自分の気付きや考えをログに残して共有して、進歩して行くと同時に社会貢献したい、と思って続けてきました。

今年一年を振り返ってみると、一見前進していないようにも思えますが、よく考えてみると、そういうわけでもなく、着々と進んできたのかなと思います。ただ、自分の変化ってとても小さい変化だし、自分ではなかなか気が付かないものだと思います。旦那さんから、

「行動することで、初めて自分の頭で真剣に考えられたことが今年得たもの。やっとスタート地点に立ったんだよ。よくやったよ。」

と言われてはじめて気づいたこともいっぱいあります。そういう小さい変化や進歩を肯定して、自分を褒めてあげないと、誰も評価してくれません。ですので、自己肯定と自分を褒めてあげることはモチベーションを維持する上でも大事だと思いました。

自分の中に蓄積された経験という知識 

失敗も大小さまざまだし、全てを失ってゼロになる必要はないけど、人は極限まで追い込まれると、無駄なことや無駄な時間を使いません。自分がやるべきものが見えればまっしぐらに自分の信念と目的に集中して行動するはずです。

川で溺れている時に「川に入らなければよかった」と後悔したり、「誰か助けてくれる人いないかな」なんて考えないと思います。必死にもがいて生きようとするはずです。

もがいている中で頭をフルに回転させて、自分が過去の経験などを元に何かがひらめいたりして、起死回生するのでしょう。

結局自分の頭の中にある経験や情報が自分にとって生きていく上で一番大事

だということ。そんなことを今更ながら気がつきました。

ブログもただ継続するのではなく、変化させていきたいと思います。

バイクの免許を持っていない私が、バイクの記事を書けるはずがないという思い込みや、漫画やイラストの経験がないのに挿し絵を描くのはどうなんだろう、という様なネガティブな思考は捨てて、気が向いたことに対して工夫しながら、ただ始めてみようと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。