ほっこりLife♡

豊かな暮らしと自立を目指して

倉庫DIY 自在鉤の設置 火棚を作る

f:id:Yamanao:20181118235114j:plain

ほっこりLifeに訪問してくださりありがとうございます。

2018年5月

今回は倉庫に自在鉤を取り付けて、火棚を作りました。

火棚の取り付けは、大変な作業となりました…

 

ある日、長いダンボールに包まれて自宅に配送されてきたものは…

f:id:Yamanao:20180809030142j:plain

魚???

旧家等でよくみられる、天井から吊るされているアレです。

これは自在鉤と言います。

魚は鯛、鮎、鯉、ヤマメなど種類もいろいろあるようです。

 

思い立ってヤフオクで中古の自在鉤を手に入れた旦那さんは

今度は火棚を作ると言い出しました。

そんなのいらないよ…と思っていましたが完成してみると

古民家っぽい懐かしい感じがしてとても気に入りました(^-^)

f:id:Yamanao:20180812102900j:plain

自在鉤の取り付け

自在鉤の竹の部分(支柱)の間口付近に穴が開いています。

支柱の穴に適当なサイズに削った木材を通します。

f:id:Yamanao:20180812092551j:plain
支柱内の木材にワイヤーを通します。

f:id:Yamanao:20180812092524j:plain f:id:Yamanao:20180812092514j:plain 

f:id:Yamanao:20180812092606j:plain

通したワイヤーにカルビナをかけます。

カルビナにチェーンをかけます。

f:id:Yamanao:20180812092534j:plain

チェーンを天井の柱にグルグル巻きにして

最後にカルビナで固定して、取り付け完了です。

作業は旦那さんと一緒に、三脚を使っての作業となりました。

 

火棚の作成 

購入した主な資材

ホームセンターコメリ

2×4の長さ12フィート(約3.6メートル)の木材

(※2×4とは、断面サイズ(高さ38㎜ × 幅89㎜)の木材)

を16本買ってきました。

コメリは店舗によって、商品の値段が違うとのことですので

木材を大量に購入する際は、近くの店舗の値段を確認しましょう。

旦那さんが主に購入した資材は

無垢の木 2×4 12フィート 税込 ¥698 を16本

¥698 × 16 = ¥11,168

作業用綿ロープ20m 太さ9㎜ 税込 ¥1780

とかなりの出費です… 

道具の紹介 

f:id:Yamanao:20180812101950j:plain

使用した道具です。

ホームセンターで全て揃う道具です。

安物の道具ばかりですが…

旦那さんが使ってみてとても良かったと言っていた道具を紹介します。

ノミ

SK 11というノミですが、旦那さん曰く

コスパがすごく良いそうです。

サイズの違う3本がセットで2千円しません。

初めてノミを購入される方には十分だそうです。

ただし、このノミに限らず

使用していると、すぐに切れなくなるので

研ぎ石(粗め、中目、仕上げ)が必要だそうです。

f:id:Yamanao:20180812095533j:plain

ノコギリ

カインズホームオリジナルの商品です。

こちらもコスパが良く、とても使いやすく、よく切れるとのこと。

替え刃も3本セットで数百円とリーズナブル。

ただし、大きな木材を切るには適していないそうです。

作業過程

軽トラックで材料を運びます。

f:id:Yamanao:20180809031101j:plain 

大抵のホームセンターでは商品を購入したお客さんに

軽トラック等の貸し出しサービスがありますので、有効に活用します。

f:id:Yamanao:20180809031040j:plain f:id:Yamanao:20180809031017j:plain f:id:Yamanao:20180809030953j:plain

木材を適当な長さに切り、外枠を作ります。

外枠ができたら、均等な間隔に木材を配置し、出来上がりをイメージします。

f:id:Yamanao:20180809030419j:plain

木材が交差する部分に印をつけて、切り取る部分に線を引いていきます。

f:id:Yamanao:20180809030600j:plain

切取る部分にノコギリを入れていきます。

切り始めと切り終わりは、優しくゆっくりと…

f:id:Yamanao:20180809030443j:plain f:id:Yamanao:20180809030241j:plain

ノミとげんのう(トンカチ)を使って切り込みを入れた部分を打ち抜いていきます。

f:id:Yamanao:20180415104100j:plain f:id:Yamanao:20180414085540j:plain

気が遠くなるほどのほぞ切り作業の末…

f:id:Yamanao:20180809030513j:plain f:id:Yamanao:20180812101939j:plain

なんとか形になりました。

f:id:Yamanao:20180809030928j:plain

組み込んだ木材が外れないように

交差部分に木ネジを1本ずつ打ち込みます。

f:id:Yamanao:20180812112647j:plain

防腐剤を塗ります。

刷毛で薄く伸ばし、塗っていきます。

この作業では、私が相当活躍しました(^-^)v

f:id:Yamanao:20180812102000j:plain

f:id:Yamanao:20180809030905j:plain

防腐剤が乾いたら、縄をくくりつけます。

縄の末端は、さつま編み(アイスプライス加工)と言われる方法で輪っかを作ります。

さつま編みの方法はYouTubeにたくさん動画がありますので参考にしてください。

旦那さんは

慣れれば簡単だよ

と言っていましたが、私にはチンプンカンプンでした…

f:id:Yamanao:20180812112720j:plain f:id:Yamanao:20180812112657j:plain

輪っかを作ったら、木材に通します。

危なかった火棚吊り下げ作業

吊り下げ作業に入ります。

ここで改めて気が付いたことが…

旦那さんと火棚を持ち上げてみると…

か、かなり重い!

ということが判明(°_°)

どう吊り下げようか考えた結果…

片側ずつ吊るして

持ち上げるというよりは、柱を利用して縄で引っ張り上げることにしました。

柱にはグルグル巻きにして、カラビナで固定しました。

 f:id:Yamanao:20180809025929j:plain f:id:Yamanao:20180812112709j:plain

f:id:Yamanao:20180414085800j:plain

f:id:Yamanao:20180812112634j:plain

こうして、なんとか設置することができました✨

火棚は6箇所を縄で吊り下げています。

火棚と自在鉤を設置しましたが、猛暑のため、まだ1回も使っていません(._.)

他のDIYも何かの参考になればと思います。 

www.hokkorilife.comwww.hokkorilife.com

www.hokkorilife.com

ここまで読んでいただきありがとうございました。