ほっこりLife♡

豊かな暮らしと自立を目指して

夫婦間の疑問、子育て方針 

f:id:Yamanao:20181120000214j:plain

夫婦のことをブログに書く事について 

以前遊びに行ったママ友の家で

2時間近く結婚式のDVDを見せられた事があるのですが

睡魔に襲われて半分位寝てしまい、内容もほとんど覚えていません。

そして、その日はなんとも言えない気分になりました。

結婚前なら少しは興味もあったのかもしれませんが…

全く他人の夫婦の話なら尚更興味がないと思います。

 

自分の旦那さんの話をすると

自慢や惚気(のろけ)かって思われたりして

嫌な気分にさせてしまうのではとブログに書く事に迷いがありました。 

でも一主婦の私が、日常の中で夫婦間について感じた気持ちを素直に書いていく事で、

夫婦関係が上手くいかなくて悩んでいる方や

真逆の考え方や性格のせいで理解できないと感じてる方などの

参考にしてもらえる事もあるのかなと思いました。

 

伝わっていない部分に少しでも気がついてもらえたり

言葉にしないだけで本当は気がついている事だったり

相手を思いやることのきっかけになったり。

何かの手助けになれれば幸です。

 

生涯のパートナーですから、仲良く素敵な関係が理想です。

私は旦那さんの考え方が好きですし、尊敬しています。

だいぶ昔の話になりますが

「私の事どう思ってる?」

の質問に

「普通」

と答えた旦那さん。正直すぎるのが時々怖いですが(笑)

 

質問の内容によっては無視される(聞き流される)ことも多々あります。

もしも…の話や

あの時…していたらどうしてた?

など、聞いてもしょうがない話だったり

〇〇ちゃん芸能人の〇〇に似てるよね

などどうでもいい話には、かなり適当に返答してきます。

ですが

「このグラビアの女の子すごく細くて童顔なのに胸が大きいんだよ」

等の話には

『え?どの子?見せて!お〜!すごいね!』

と乗ってきます(-_-;)

 

パートナーの気持ちが読めない時、キツイ言葉の裏側にある気持ち 

家事育児も手伝っているし、家庭サービスもしているのに

奥さんが意味もなく不機嫌とか

そんな原因がわからない旦那さんのためにも

私がわかる範囲で伝えられたらいいなとも思っています。

 

ほとんどの原因が承認要求からくるものなのかと思います。

少しでも認めてもらえれば、満足して不満がなくなるのではないでしょうか。

直接的な褒め方ではなく間接的がいいかと思います。

 

育児頑張ってるね!

だとイラッとさせてしまう危険がありますが

うちの子達、本当によく育ってるね!(奥さんではなく子供を褒める)

と言われると、これまでやってきたことが認められたようで嬉しかったりします。

母親によって子供の教育方針の重点

(食事や体調管理、教養や性格の優しい子に育てるなど)

は違うと思うので、何か一点だけを褒めると失敗する恐れがあります。

 

間接的に奥さんではなく子供をと言いましたが、状況によって変わります。

子供が熱を出した時に、ただ子供の心配されても困ります。

こんな時は看病している奥さんの体を労ってあげる事も大切です。

 

看病って簡単そうに思えてしまうかもしれませんが

子供は良くなるのも、悪くなるのも早いので

夜中に急変したらと不安になったり、慌ててしまったりで

精神的にもドッと疲れます。

熱の上がり下がり具合で調節する為

付きっきりで看病するので、ほとんど眠れずにいたりします。

 

そんな中、家事もしないといけないので自分の事は(お風呂など)後回しです。

前にも熱が出たけど、治ったし大丈夫だろうと思うかもしれませんが

母親は、もしかしたらと不安になるものです。

夜に熱が出ると病院に連れていけないし

病院に電話して聞く事も迷惑かと思い、躊躇する方も多いと思います。

私は休日や深夜は小児救急電話相談(♯8000)に何度かお世話になりました。

悩んだ時は電話で子供の状態を話して相談すると

専門の方が応えてくださるのでとても心強いです。

 

夫婦で話し合って育児方針を決めておく

日常生活の中で子供のことで意見が違った時

教育方針のベースが同じなら、話し合いもスムーズにいくと思います。

うちの場合ですが、上の子の教育方針は「視野を広く」をモットーに

固定概念にとらわれない自由な発想ができる子になって欲しいと思っていまして、

下の子は「毎日楽しいなら今はそれでいい」…そのままの意味です♪ヽ(´▽`)/

 

旦那さんが、息子にはまだ年齢的に早いような映画を見せようとした時に

「内容が難しすぎて理解できないんじゃない?楽しいの見たら?」

というと

「理解できなくてもいいんだよ。何か感じ取ればそこから自分で考えるから」

と言われ、映画くらい好きなの見せてあげたらいいのにと思いましたが、

我が家の育児方針から考えて、旦那さんは

息子に興味がないことでも色々な世界を見せてあげよう

と思っているんだなと納得できました。

 

旦那さんは、

自分が影響を受けたものや

もっと早く小学生の頃に知っておきたかった事

などを息子に伝えておきたいと思っているのだと思います。

 

どう感じるかは自由なので、考え方を押し付けたいわけではないのです。

本やブログと同じで、情報を発信した作者の言いたかった事を

読み取って、理解できたら正解なわけではなく

いろんな受け止め方があっていいと思っています。

沢山のことをインプットすると、視野が広がって考え方も広がりますものね。

私は知識が浅く考え方も単純なので、沢山の情報に触れて学んでいきたいです。

 

旦那さんに知ってもらいたい事 

例えば、ゴミ出しです。

俺、ゴミ出しやってる!と家事を手伝っている気持ちになっていませんか?

ゴミを出してもらえると忙しい朝はすごく助かります。

私の旦那さんも年に数回ですがやってくれます(笑)

 

大抵の男の人は、出すだけの状態になって玄関に置いてあるものを

ゴミ置場まで持っていくのではないでしょうか。

そこなんです。

 

家中のゴミ箱からゴミを集めて、次の新しいゴミ袋をセットして、分別をして

重い時は2つに持ちやすいように分けて、縛って玄関に置いてるのは奥さんです。

家族構成が特定されないよう郵便物などシュレッダーにかける方もいるでしょうし

地域によって資源の出し方は違うと思いますが

牛乳パックやペットボトルなどをキレイに洗って分別したりしています。

 

ゴミを出してくれたことに対して奥さんから「ありがとう」と言われると思います。

でも、感謝された事に満足するのではなくて

ゴミを出すだけが「ゴミ出し」ではないという事を知るのも必要かと思います。

 

ただ気がついてくれればいいのです。

 

旦那さんが家事や育児を手伝うと

「ありがとう」と感謝されるのに対して

奥さんはやることが当たり前になっていたりします。

それがエスカレートすると、子供は2人で育てているのに

自分の中のどこかで「私の仕事」と独占してしまって

旦那さんに預ける・みてもらう・お願いする

といった表現を私はするようになっていました。

 

キッチンにも旦那さんはほとんど立たない人なので

いつの間にかキッチンは自分の聖地になってしまっていて

旦那さんがキッチンで何かしているのを見かけると

「何してるの?」と聞いてしまいます。

そして、「私やるから」と。

自分の家なんだから当たり前のように好きに使っていいはずなのに。

 

私は専業主婦なので、家事育児が分担制じゃなくても

自分の役割だと思っているので不満はありませんし

外で頑張っている旦那さんに家の事やってもらうのは

申し訳ない気持ちになるので求めていません。

 

自ら旦那さんが家事育児をしたいと手伝ってくれる時は

快くお願いをして上手くやっていきたいなと思います。

バイクに乗せるのだけは危ないのでやめて欲しいですが…

 

でも、共働きなら話は別だと思います。家族の協力が絶対必要です。

仕事帰りに子供を迎えに行って夕飯の材料を買って帰宅し

洗濯物を畳んで、お風呂と食事の準備をして

子供に絵本を読んであげたり、連絡ノートをチェックし

配布物、提出物の確認をして、次の日の準備をしたり、

早起きしてお弁当と朝食を作って化粧して

洗濯して干して、アイロンがけと………

 

休日には平日にできなかった掃除や布団を干し、シューズ洗い

給食当番だと白衣もあるし、他にも日用品が切れていたら買い出しにも行って…

 

家族で外出となれば早く家事を終わらせて準備も必要。

今、書き出しただけでもこんなに…

実際はもっとあると思います。

…大変ですよね。

 

私は働いていませんが家庭菜園をやっているので

日中畑で頑張った日はヘトヘトになります。

趣味に近い程度でやっていて、好きな事だから続けられていますが。

帰宅してからもゆっくり休めない日が続くと必ず体調を崩します。

 

奥さんが不機嫌な理由がどうしてもわからない時は

無理に詮索したり原因を探そうと思わず

ただ疲れているからかもしれませんから

落ち着くまでそっとしてあげるのもいいかもしれませんね。

チョコラBBとかそっと置いて…

 

疲れているのは自分だけじゃないですし、相手を思いやる気持ちが一番大切です。

仕事、家事、育児、どれが一番大変かなどと比べても意味がないと思います。

 

どれが一番楽しいかなと比べた方が気分が上がるかもしれません(*゚▽゚)ノ

楽しくない苦痛に思っている事を

この先何十年も続けられるほど私は我慢強くないので

なるべくポジティブに向き合っていきたいです。

 

仕事の責任、家族の生活、色々なものを背負っている旦那さんに比べたら

私のしている事は甘ったれていて、呑気な専業主婦なのかもしれません。

 

こんなストレスも収入もない専業主婦の私に旦那さんは

「お疲れ」

と言ってコーヒーを淹れてくれたりします。

家事育児の大変さを分かってくれます。

些細な事ですが、すごく優しい気持ちになります。

f:id:Yamanao:20180415113101j:plain

月並みですが会話と笑顔が多くなると、自然と家の中が明るくなります。

家の中というのは家族にとって安らげる最高の居場所ですから

嫌な事があったり、疲れて帰ってきても

お家に着いて家族の顔を見たら、ホッとできる場所でありたいですよね。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました♡