ほっこりLife♡

豊かな暮らしと自立を目指して

無農薬野菜作り 始めるまでの準備 

f:id:Yamanao:20181120223327j:plain

f:id:Yamanao:20180225151040j:plain   f:id:Yamanao:20180225151045j:plain

家族が安心して食べられる美味しい野菜を作りたい!

そんな思いから

昨年(2017年)から始めた

初心者による無農薬野菜作り

についてブログに書いていこうと思います。

 

畑の名前は、ブログタイトルにちなんで『ほっこり農園』です♪

 

無農薬野菜作りを始めるきっかけとなった経緯は過去記事にありますので

興味を持っていただけた方、是非ご覧になってください(╹◡╹)

何も考えず、のほほんと生きてきた専業主婦が行動するまでの意識の変化です。yamanao.hatenablog.com 

どんな野菜を作ろうか…

いくつも案を出して旦那さんと話し合った結果

農業初心者なので

最初の一年は いろんな種類を作ってみることになりました。

f:id:Yamanao:20180225145502j:plain

ほっこり農園がある鉾田市の気候や土地には、どんな作物が適しているのか、とか

 

新品種や変わり種の品種など、興味があるけど美味しくないのではないか、とか

 

虫が付きやすくて無農薬で作るのは難しいかもしれない…

 

などと考え出したら、キリがなくて

畑に行く前に挫折してしまいそうになりました(-_-;)

 

そんな私をみて察したのか、

「 悩むのは土に触れてみてからにしよう、ここで悩んでも何も始まらない」

という旦那さんの言葉に背中を押され、

まずは、失敗してみよう!(笑)

ということでやっと始めることができました\\\\٩( 'ω' )و ////

 

好きに使っていいよ、と言ってくれた実家の空いてる畑は

約300坪あります。

f:id:Yamanao:20180225150458j:plain

ほっこり農園の畑は少し傾斜がかかっていて、真ん中が谷になっています。

谷の上の方は土が比較的乾燥しているので、お芋系の作物が上手に育つそうです。

農業では基本的なことらしいですが、ホント知らない事だらけです。

素人なんだから、当然か…(--;)

 

実家にあった古い小型のトラクターや耕運機等の操作方法を教えてもらい、畑を耕すことからスタートしましたが、不慣れな機械操作で悪戦苦闘でした(^_^;)

 

しかし、何より子ども達を畑に連れて行くことが増えてから

子ども達も畑の中で土に触れる機会ができ、畑でのびのびと遊んでいる姿を見ると

野菜作りを始めてよかったなと思うようになりました♪

f:id:Yamanao:20180225151522j:plain

旦那さんは農業とは無縁の人だと思っていましたが

物を作るのが好きというのと共通するのか

野菜作りも楽しんで手伝ってくれて

「今日、畑行くよ」と言って

休みの日の朝の3時間を『ほっこり農園』で過ごすことが月に何回もあります。

とても有り難いです(´∀`*)

 

幸いなことに、実家の畑は100年以上代々無農薬野菜を作っており

畑の土には残留農薬もなく

作物を作っていない間も、母が雑草を抜いたり定期的にトラクターで耕したりして

手入れをしていたので、とてもいい状態でのスタートとなりました。

 

ご存知でしょうか。

体に良さそうなイメージの有機野菜やオーガニックには

有機肥料(堆肥)の原料となる家畜のフンに

サルモネラや病原性大腸菌O157など

食中毒を起こす病原菌が含まれていることがあるということを。

ですので、採れたて野菜を土が付いたまま食べるのは危険だったりします。

 

有機野菜という名目で出荷される野菜にも

30種類の農薬の使用が認められているので

有機野菜だから無農薬で安心とは限りませんので、ご注意を。

 また、栽培中に農薬を使用しなかったけど

苗の段階や収穫後に農薬を使用したという無農薬野菜もあります。

 

自然農薬といっても定義は曖昧で

例えば木酢液には

人体にとって有毒物質のアセトアルデヒドやクレゾール

などの有害物質が含まれているので安全とは思えません。

 

お店に並んでいる野菜を実際に栽培しているところから見ることはできませんので

店頭で表記されているものでしか、判断する術はありません。

 

野菜作りは本来、自然農法が一番良いのではと思います。

過度に栄養を与えず、野菜本来の力で育てると

自然の甘さで水々しく育ちます。

 

形が良く、大きくて栄養豊富な美味しい野菜を

季節に関係なく、いつでも食べれるようにと

ビニールハウス栽培、農薬を使ったり、最新の肥料を与えたりして

消費者の声に答えてきた結果が、今日店頭に並んでいる野菜なのだと思います。

 

なので農家さんを否定するつもりは全くありませんし、むしろ朝から晩まで手間暇かけて大事に育てている姿にはとても尊敬しています。

 

ただ、自然野菜というものがあるという事を知っていただけたらと思います。

養殖の魚と天然の魚が違うように

自然の山で採れる野菜は本当に美味しいものです。

 

そうはいっても自然の野菜を手に入れることは難しいと思います。

きのこに至っては、素人には判断が難しく毒キノコを食べてしまう事もあるので注意が

必要ですよね。

 

ですので、自然農法にできるだけ近い形で、今の便利な農業方法を取り入れながら

これからも野菜を作っていきたいなと思います。

 

毎日食べる野菜を自分の手で作れるということは、とても勉強になりますし

子ども達の食育にもつながると思います。

 

私の祖父は健康に98歳まで長生きしました。

祖母は癌を患っていましたが好きな事をして好きなものを食べて99歳まで

元気に長生きしました。

農家だからといって、野菜ばかりの生活をしていたわけではありません。

祖父はお肉が大好きで、祖母は甘いものとしょっぱいものが大好きだったので

野菜は少量しか食べていません。

ただ少量ですが毎日食べていたのは確かです。

必ず旬の野菜を食べていました。

 

寒い時期には根菜類を食べ体を芯から温め

夏には体を冷やす作用のある夏野菜を食べて夏バテ予防をしていました。

体が求めている栄養素を

旬の野菜で食べるというのは、心身共に健康でいられる秘訣のような気がします。

 

目が疲れていると感じたらブルーベリーを食べたり、

血流が悪いと感じたら玉ねぎを食べたり、

ストレスを感じたらいつもよりビタミンを摂取したりしますよね。

そして、なんだか体がラクになる。

食べ物が体に与えるエネルギーってすごいのだと思います。

 

私は肌荒れした時に、化粧水や美容液でいくら保湿しても

食生活が乱れたままだと、いつまでも治りません。

 

そんな時、一番効果があったのがデトックス野菜スープです。

体質にもよると思うので、あくまで個人の感想になりますが。

 

デトックス・野菜」と検索すれば自分にあった野菜スープを見つけられるかと

思いますので良かったらお試しください(^_^)

やはり身体にいい事は、良質な睡眠と食事とポジティブ思考だと思います。

 

と…、いろいろと脱線してしまいましたが

ほっこり農園を一年やってみて

野菜についての知識が増え、いろいろと勉強になりました。

失敗から学んだ事を活かして

無農薬野菜作り2年目も試行錯誤しながらになりますが

楽しくやっていこうと思います。

f:id:Yamanao:20180225151055j:plain

昨年作ることが出来た野菜、失敗した野菜等をアップしていきますので、これから家庭菜園を始める方に参考にしていただけたらと思います。

 

読んでくださり、ありがとうございました(*'-'*)