ほっこりLife♡

豊かな暮らしと自立を目指して

今すぐお金が必要な時 お金を手に入れる方法

f:id:Yamanao:20181118215937j:plain

うだひろえさんの「誰も教えてくれない お金の話」

お金の教養をコミックエッセイでわかりやすく描いてありとても勉強になりました。

お金の危機に直面しない為にも「お金」について学ぶ事は大切な事だと思います。

どうしよう…お金がない

突然の出費があり給料日までお金がない!😫

そんな経験をした事がある方は沢山いらっしゃるかと思います。

 

度重なる冠婚葬祭費や突然のケガや事故、入院費など、または遠方に住む実家で法事などがあり帰省する為の交通費など、今すぐにでもお金が必要で困ってしまった経験があるのではないでしょうか。

 

お金が必要といっても、必要な金額によってお金を手に入れる方法も考えなくてはいけません。

 

 まず、選択肢から外してもらいたいのが、消費者金融から借りてしまうこと!

これだけは本当によくよく考えて利用しなければならないと思います。

 

私の周りにも簡単に利用してしまい、ローン返済で辛い思いをしている人がいます。

ギャンブルで稼ぐというのも現実的ではないと思います。ただ、私はパチンコや競馬など経験がないので分からない世界ですが、万馬券など運もあるようなのでなんとも言えませんが…。

少ない全財産を賭けてまでギャンブルをするのはあまりにもリスクが高すぎるかなと思います。

 

お金に困った時の最終手段は消費者金融ではなく、市役所へ行き福祉課で相談することです。

 

今日、明日の食費もなく生活が苦しい時には、返済不要の公的支援を申請するなどの方法もある事を知っておきしょう。消費者金融の選択は考えないで欲しいと思います。

 

ネットでは、最短30分の審査で即日借りられる事や、30日間無利息です!など気軽にキャッシングできることを勧めていたりしています。

 

この方法をうまく利用すれば、ATMを利用した時に発生する手数料を支払わずにお得などの裏ワザのような事も書いてあり、消費者金融でキャッシングする事が身近で手軽に感じてしまうような錯覚を起こしてしまいそうですが、忘れてはいけないのはローンはローンだという事です。借金をするわけですから、借りたら返さなければなりません。

 

借りる事が当たり前になってはいけないと思います。

 

最初はすぐ返せば大丈夫と思っていても慣れてくると金額も大きくなり、期限ギリギリまで返さなくなってしまったり、また違う消費者金融から借りればいいやとルーズになってしまうパターンが多いのです。

 

自分は絶対に大丈夫と思う人もいるかもしれませんが、本当に大丈夫な人なら恐らくお金に困る事もなく借金などしないで日頃から計画的にお金を使っているのではないでしょうか。

 

どうしても借りるという選択をするのなら、親、兄弟姉妹、親戚、友達だと思いますが、間違いなく信用はなくなります。返済した後も失った信用は戻らないと思った方がいいです。

 

私の母はお金を貸す時に「この金額なら返ってこなくても悔しくない金額だけ渡すの。」と言っていました。そうです、貸した時点で相手へ信用はないに等しいのです。

 

 お金を手に入れる方法は「借りる」を除けば「稼ぐ」か「売ってお金にする」かだと思います。場合によっては支援や援助をして貰うこともできますが。

必要な金額が5〜10万円なら日払いのバイトを短期間することがいいと思います。でも時間も体力もない時は、とにかく家の中にある不要な物を売ってお金にする事だと思います。

 

私は今までヤフオクとかフリマアプリなど利用した事がなかったので知らなかったのですが、年末の大掃除を兼ねて倉庫に眠っていた物を持ち出したところ、旦那さんに「出品してみたら?安く売れば必要な人が喜んで買ってくれると思うよ」と言われたことをきっかけに、開封された子どもの玩具を初めて出品してみたところ、2時間程で即決価格3千円で売れました!

 

古い手帳や財布、箱もなく残量が半分くらいの香水も、雑誌や参考書などリサイクルショップでは買取不可だったり安価な買取金額の物でもヤフオクなら売る事が出来るので、売れるかな?と迷ってしまうような物でも出品してみるといいです。

 

無料で配られた物、ノベルティ、手作りの小物や松ぼっくりなどの木の実、引っ越し前と窓のサイズが違くて取付けられなかったカーテンなど、ブランド品ではなくても色々あると思います。でもやはり高額を狙うならブランド品だと思いますが😏

 

病気で働く事ができない、スマホで在宅の仕事(クラウドワークス)も難しい、売る物もない、親兄弟など頼る人もいない、どれも難しいなら『生活福祉資金貸付制度』を利用して生活再建に必要なお金を借りる事をおすすめします。

 

地域によって違いますが母子家庭の場合に利用できる『女性福祉資金貸付制度』もあります。この制度も貸付金なので、もちろん返済しなくてはなりません。なので、お金を借りても返済できない時は返済不要の公的支援生活保護』を申請し受給する制度もあるので、まずは福祉課に相談してみましょう!他にも給付金や減税など受けられる支援があるかもしれません。

 

金欠生活を繰り返さない為にも、普段の生活を見直すことも必要です。

意外と無駄を省くだけで生活が楽になることもあります。

緊急の時以外はコンビニの利用を避けスーパーの特売品を買ったり、節電節約を心掛けましょう。

 

一日の食費が200円しかないとか、節約の仕様がない時は、パンの試食コーナーで少し食べるとか…。買わないのに試食なんて出来ない、とためらってしまうのなら、宣伝してお店に貢献するというのはどうでしょうか。

 

よく息子が小さい頃、買う予定のない値段の高い物を試食してしまった時、周りの人に聞こえるような声で「ママ、これすっごくおいしい!」「この〇〇もっと食べたい!」と言っていたのですが、大半の人はこの会話を聞いて興味を持って商品を手に取っている光景を目にしました。

 

無料で食べることに抵抗があるなら一言小声でもいいので「あ、美味しい!」と感想を言うだけでも、商品の宣伝になって気持ちが軽くなるかなと思います♡

節約に関しては、光熱費についての記事も書いていますので、ぜひご覧になってもらえると嬉しいです😊

 

ヤフオクも初心者ですが、気持ちよく安全に取引ができるよう勉強中といいますか、経験を積んでいるところなので、こちらも今後書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。